ワンカップ狼藉
女子大生だったのも今は昔・・・今はオフィスレデー研修中です。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
niku.jpg
お久しぶりです
niku2.jpg

昨日仕事終わりに上司とみんなで「なべや」というお店に行ってきました。
福山市の天満屋の近くにあります。部長が連れてってくれたっす。
一階下のカラオケ屋でも食べられるみたいっす。
カラオケしながら鍋って複雑なきぶんっす

もりっと肉が!盛られている!
圧巻の鍋です。これを出汁にだぼだぼ落として、タレつけて喰う!
肉とか久しぶりじゃ!野菜とか久しぶりじゃ!
何食って生きてたんだ!

ちなみに一番上の肉はバースデー用の和牛らしい
なので「部長おめでとうございます!!」と言ったら違ったらしい
どうも息子さんのバースデーはがきを使ったらしい

でも和牛はみんなで美味しくいただきました。

鍋に飽きて上司と何故か「愛 覚えていますか」を歌った
上司の振り付け指導がおもろかった。

その後上司は「俺だって髪あるときはもてたんだよぉぉおおおーーーーーー」と絶叫していた。
髪がない今はもてないのか!!

そのあと飲みすぎて皆でトイレにリレー状態になりました。
せっかくの久しぶりの野菜が台無しです
なんにも吸収された形跡がねえ

でも今日もこれから飲み
でも手加減はしない!!
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*3 ] page top
悪趣味
この休みに遊郭跡の探索にまた行ってきました。
しかも一泊。
なぜか絶景の旅館に泊まりながら、一人エースコックをすするナカータ。
豪華な一室で買ってきたヤンマガを読むナカータ。
もう財布の中は、スッカラカンだぜ・・・。

一泊してまで探索した甲斐がありました。
もうすごい風景が残ってるんですよ。
そのまま手付かずのまま。いやーもうすごい。圧倒的。
迫力とうら寂しさと艶っぽさが入り混じるすごい風景でした。

暗い狭い路地の両側から枯れた建物が迫ってくるような
その路地の真ん中に立つとすごい迫力だ。

当時の姿が手付かずのまま残っているんじゃないでしょうか
しかも今回は地元の人にお話を聞くことができまして。
ラッキー。
本当にありがとうございます。色々と親切にしてもらいました。

当時の話を懐かしむように話すおばあちゃん。
その土地の人が、借家を外の土地から来た業者に貸してたケースが多いそうです
なーる。借家だったのか。
しかしああいう商売を土着の人がその土地でするのは難しそうですね。

華やかだった当時の様子を話されながらも最後につぶやかれたのは

「べっぴんさんは可哀想じゃあ。わしらの地域の者は女郎さんの生き血を吸って生活しとったようなもんじゃあ」

現在では自由売春(売春という職業を選択する自由)とかが議論されるようになりましたが、実情はどうなんでしょうね。まあそれこそ余計なお世話と言われるのかもしれんけど。
さらに昔ともなればもっと過酷な環境だったんでしょう
それにかかわった人たちに複雑な思いを今も残してるんでしょうよ。

自分の趣味をわりと悪趣味だとは思っていましたが、やっぱり悪趣味だなと思いました。
でも多分この趣味やめられないんだろうなと思って、やっぱり趣味悪いなと思った。
[ TB*0 | CO*2 ] page top
Copyright © ワンカップ狼藉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。